必要書類に収入証明書不要とある場合はどうすべきか

MENU
> 必要書類に収入証明書不要とある場合はどうすべきか

必要書類に収入証明書不要とある場合はどうすべきか

キーボード

金融機関でお金を借りる場合は、必要書類を提出しなければなりません。

 

この必要書類というのは、本人確認収入証明の書類のことです。
本人確認は免許証や保険証、収入証明は、会社や役所勤めでは給与明細と源泉徴収票、自営業では確定申告書のコピーになります。

 

なぜこの2つが必要なのかといいますと、本人と申込者が同一人物でないとお金を借りられないというのがまずあります。
そして、これも大事なことですが、お金を借りる場合は、収入があるかどうかを証明するための文書が必要になるからです。

 

個人が金融機関で、50万円ほどまでのお金を借りる時は、担保も保証人も必要とはされません

 

しかしその代わり、本人がきちんと返済できるかどうかが重点的に見られるのです。

 

しかし最近では、収入証明書不要という金融機関もあります。
50万円ほどであれば、収入証明なしでも借りられるもので、これだと本人確認があれば手続きができますので、急にお金が必要な時にはとても役に立ちます。

 

窓口での借入だけでなく、ネットでも収入証明不要で融資をする業者は増えています

 

とはいうものの、収入証明を準備していた方が便利な場合もあります。

 

それは、在籍確認の時です。
ご存知のように在籍確認とは、申込用紙に記入された勤務先に、本当に勤務しているかどうかを確かめるものです。

 

職場に電話をしてほしくない場合には、やはり収入証明を準備しておいた方が、勤務先が一目でわかるため便利なのです。