とても便利なキャッシングのデメリットとは

MENU
> とても便利なキャッシングのデメリットとは

とても便利なキャッシングのデメリットとは

バツ印をする女性

いざという時あると便利なカードローン。

提携のATMなどから簡単にキャッシングできます。

 

とっても便利なので、一度くらいはキャッシングの経験がある方は多いのではないでしょうか。

 

実はキャッシングはこのようにいつでも簡単に借りられるというメリットがありますが、実はデメリットもあるのです。

 

それは借金をしているという感覚が薄いことです。

 

カードさえあれば簡単にお金を借りられるので、人のお金を借りているという実感があまりないのです。
借金だとわかって計画的に利用するならいいのですが、それを忘れて湯水のごとく使ってしまうと大変なことになるのです。

 

3ヵ月以上延滞を繰り返すとブラック入りする可能性があります
そうなるとカードローンはおろか、クレジットカードすら使えなくなってしまいます。

 

しかも一度ブラック入りすると、一定期間を過ぎないと金融事故を起こした事実は消えないのです。
探せばブラックでも貸してくれるところはあるようですが、審査がより厳しくなりますし、年利も高くなるのです。
そうならないように、借り入れは計画的に行うべきなのです。

 

このようのキャッシングには借金をしているという実感がないため、借り過ぎて返済が滞る可能性があるというデメリットがあるのです。

 

ただ、計画性をもって利用すれば、そんな心配は無用です。
使いようによっては今の生活をちょっと贅沢にすることもできるのです。

 

計画性をもって使えばキャッシングは人生をちょっと豊かに出来るツールなのです。