MENU

今すぐお金が欲しい場合はカードローンが強い味方

普段の生活のなかで、香典や結婚の祝い金、事故、急病など、急にお金が必要になってしまう時は意外とありますよね。

 

残念ながら、すぐに使えるお金が手元にない時、どうやってお金を用立てれば良いのでしょうか?
ネットオークションで物を売ったり、日払いのアルバイトでお金を稼ぐなど、お金を手に入れる方法はいくつか考えられますが、オークションはそもそも売れるような物がないといけませんし、家の中の物を次々手放してしまうと、後々新しく買い直す際に、お金がかかりすぎます。また、手間がかかるので面倒です。

 

日払いのアルバイトは都合よく見つかるとは限りません。

 

今すぐお金が欲しいとき、簡単に、手っ取り早くお金に都合を付ける方法と言えば、カードローンになるのではないでしょうか。

 

カードローンでお金を借りる

今すぐお金が必要ならカードローンでお金を借りるのが最も早い方法です。

 

カードローンは、銀行や消費者金融による個人向けの融資のことで、専用のカードを使って、窓口やATMなどでお金をキャッシングすることができます。

 

お金を借りるのはどうも……、という人もいるかと思いますが、短期間だけ借りるなら利子もそれほどかかりませんし、一定期間(30日間など)は利息を0円にしている金融機関もあります。

 

消費者金融は怖いというイメージも昔の話で、無理な取り立てなども法律で禁止されています。大手の消費者金融は、今や大手の銀行グループでもありますし、昔と違って安心感があります。

 

テレビCMなどで取り上げられているような大手消費者金融であれば初めてカードローンを利用する方でも安心です。むしろ消費者金融の方が審査が早く、急な出費で、今すぐお金が欲しいときでも、即日借り入れが可能となっています。

 

カードローンの審査がとても早い理由

 

電球のイラスト

カードローンでは最短即日融資を掲げているところもあります

 

最短なので必ずその日のうちとは限りませんが、それにしても早いです。

 

どうやってこんな短い時間で審査をしてしまえるのでしょうか?

 

それは、ネットを使った申請手続きが可能で、審査に必要な書類はカメラで撮影して画像で送付します。
書類を郵送して待つのとは違ってすぐに審査も素早く行ないます。

 

信用情報機関に問い合わせれば、他の金融機関からお金を借りているか、過去にお金を借りてトラブルを起こしていないか、といった情報がすぐに届きます。
それを使いつつ、申請手続きで入力された年齢、職業、役職、家族構成などをポイント化して加算していき、トータルのポイントからお金を貸し出すか決めるのです。

 

こうしてシステム化されているので、素早い審査が可能なのですね。

 

ネット申し込みは家族にナイショでお金が借りられる

 

うまく審査が通れば最短で即日融資が可能ですし、必要書類を郵送してもらう必要がないので、家族にナイショでお金を借りることができるのです。

 

余計な心配をかけたくないといった場合、家族にバレずにキャッシングできるネット申し込みは本当に便利です。

 

また、来店が不要というのも忙しい人には便利で、返済もコンビニのATMを利用できる場合もあります。

 

急にお金が必要になった。
そんな時にはすぐにネットを使ってカードローンを利用すると便利ですよ。

 

 

カードローンのキャッシングは学生やアルバイトでも借りられる

アルバイトの女性

学生さんと言えども、今すぐお金がほしいと考える方は少なからずいると思われます。
日雇いバイトなどで今すぐお金を稼ぐ方法を考えるよりも、お金を借りる方が圧倒的に早いし便利です。

 

お金を借りると聞くと、定職に就いている社会人でないとムリ…という先入観はありませんか?実際のところ、学生でもカードローンを利用できるのでしょうか。

 

まず、結論から言うと、学生の方やアルバイトの方でもお金を借りることができます。
ですが、下記の条件に満たしていないといけません。
①20歳以上であること
②アルバイトなどでいいので、とにかく一定の収入があること

 

この2つの条件がクリアできるなら、まず融資を受けられると思って大丈夫でしょう。
まだ10代の学生さんは、残念ですが法律上不可となります。

 

アルバイトは、勤続年数が長いほど、審査には有利です。
また、月収で8万円以上(年収100万)あれば、審査にはとりあえず安心できるでしょう。
そのため、アルバイトをしていない方は、まずアルバイトをすることから始めましょう。

 

学生さんといえども、他者での借金があったり、信用情報に傷のつく事実があった場合は厳しいです。
奨学金なども厳密には借金ではないでしょうが、審査に通りにくくはなります。

 

また、「消費者金融系」を選ぶのか、「銀行系」を選ぶのかでも、気を付けることが変わってきます。

 

消費者金融系でしたら、総量規制対象となるので、法律により年収の3分の1を超える借入はできません。
ですので、あなたの収入と借りたい限度額が釣り合うのかどうかをチェックしてください。

 

概算ですが、あなたに月10万のバイト収入があるなら、消費者金融のローンで借りられる限度額は40万円です。

 

それに比べ、銀行カードローンでは総量規制対象外となります。
その制限以上に借りる必要があれば、消費者金融系ではなく銀行カードローンを選ぶのが無難でしょう。

 

ですが、限度額が高ければ高いほど無駄にお金を借りてしまう危険性があります。
計画的にカードローンを利用できそうにない方には、あまり限度額の高いカードローンはオススメできません。
自分にとって、無理のない借入をしましょう!